« イネ:来年の種籾 | トップページ | オステオスペルマム:腋芽の発生 »

2004.11.20

エスパルス J1残留決定

清水-柏が2-1、東京V-C大阪が1-1で終了し、残り2試合を残し、勝点が清水29、最下位のC大阪20となり、清水の残留が確定しました。
よかったね。これは嫌味じゃないよ。

2月9日の記事も書きましたが、今年がスリリングなシーズンになることをある程度は覚悟していました。
でも、点を取れないのは毎シーズンのことだけど、守備がよくなかった。ゴール前に人数は揃っているのにマークがはずれていたり、安易なパスを相手にとられそのまま点につながったりと、応援している方にしてみるとなんとも後味の悪い負試合が多くありました。

来年度の降格は、年間順位17,18位のグラブは降格、16位はJ2の3位クラブとの入替戦になるとも言われています。
来年度も厳しい状況は続きそうですが、丁寧で真面目で一生懸命な清水のサッカーを見たいです。

・ この記事は「残留決定!」(サッカー景気の悪い話)にトラックバックしました。

|

« イネ:来年の種籾 | トップページ | オステオスペルマム:腋芽の発生 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/2014873

この記事へのトラックバック一覧です: エスパルス J1残留決定:

« イネ:来年の種籾 | トップページ | オステオスペルマム:腋芽の発生 »