« イチモンジセセリの成虫 | トップページ | メスとオスのオンブバッタ »

2004.09.06

紀伊半島沖の地震と東南海地震の関係は?

昨日の19時代、23時代の紀伊半島沖の地震は、それぞれM6.8とM7.3で比較的規模が大きいですね。震源に近かった人達の御苦労を察します。
静岡は震源から遠いせいもあって、それほど大きくないゆっくりとした横揺れを感じました。最大震度も2程度の小さな揺れでした。
今回の地震の震源は、東南海地震の予想震源域の外側のように見えますが、その関係が気になります。
今後、気象庁などから東南海地震との関係の発表があると思いますので、注目したいと思います。

追記 ‐ '04.09.06 10:52PM -
気象庁が今日の夕方発表した資料(pdf)によると、
19時07分の紀伊半島沖地震の規模はM6.9で深さ38km、23時57分の東海道沖地震はM7.4で44kmだそうです。
マグニチュードは速報値から上方修正されています。
震源が海上であったことや深さが比較的深かったことで、規模の割に震度が小さかったのでしょうか。

※太文字・斜体部は、ログ作成時は当該ページにリンクしていましたが、現在はリンク切れのため参照できません。

|

« イチモンジセセリの成虫 | トップページ | メスとオスのオンブバッタ »

サイエンス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/1367067

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島沖の地震と東南海地震の関係は?:

« イチモンジセセリの成虫 | トップページ | メスとオスのオンブバッタ »