« デンドロビューム:膨らむつぼみ | トップページ | パンジー:バイカラーの開花 »

2004.03.25

マイ・ソング/キース・ジャレット

僕にとってキース・ジャレットの音楽は、作品によって曲によって、さらに1曲の中のパートによって、気持ちの中に素直に入ってくるもの、こないものが割とはっきりと表れます。その傾向は、キースの心の動きがより表れるソロ・ピアノの演奏で顕著です。
そうした中で「マイ・ソング」は、アルバム1枚をまとめて、よく聴く作品です。
ヤン・ガルバレク、パレ・ダニエルソン、ヨン・クリステンセンの北欧出身のミュージシャンの落ち着いてしっとりとした演奏に、キースのピアノの音色がよく馴染んでいます。特にガルバレクの硬く端整で時として神経質なサキソフォンと、やはり端整で洗練されているけれどどこか土の香りのするキースのピアノの響きが、心にすんなりと入り込んでくる作品です。

LP/CDMY SONG
Keith Jarrett(p) Yan Garbarek(ts,ss) Palle Danielsson(b) Jon Christensen(ds)
Keith Jarrett/ECM/1977

01. Questar
02. My Song
03. Tabarka
04. Country
05. Mandala
06. Journey Home

・ LP・CDの紹介一覧 M0006

・ MediaMarker

マイ・ソング
キース・ジャレット・クァルテット
ユニバーサル ミュージック クラシック ( 2003-04-23 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

|

« デンドロビューム:膨らむつぼみ | トップページ | パンジー:バイカラーの開花 »

音楽」カテゴリの記事

LP・CDの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ソング/キース・ジャレット:

« デンドロビューム:膨らむつぼみ | トップページ | パンジー:バイカラーの開花 »