« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月の34件の記事

2004.01.31

異常プリオンて?2

先日、「異常プリオンて?」というタイトルでログを書いたら、syoさんから学生時代にセミナーで教授から

引用文異常プリオンて? に対するコメント
異常プリオンを食物経由で摂取したものが、どのようにして脳にたどり着くのか?たんぱく質は基本的にある程度分解されなければ吸収されないはずだ

と突っ込まれたという旨のコメントをいただきました。
僕も日本で最初にBSEが発生し、その原因物質がタンパク質の可能性があるという話を聞いた時、この教授とまったく同じ疑問を持ちました。
その疑問を知合いの獣医に話すと、必ずしもすべてのタンパク質がアミノ酸に分解され吸収されるのではなく、タンパク質の種類によっては、そのまま吸収されるものもあると言っていました。その時はそれで納得していたのですが、それでは異常プリオンがあることによって、どうして正常なプリオンが異常なものに変化するのだろうか?という疑問が新たに湧いてきました。
日本でBSEが問題になるたびに、この疑問が頭に浮かぶのですが、調べもせず疑問のままで、何時も忘れてしまっていました。
今回の米国のBSE問題で、またこの疑問が頭に浮かび、先日のログを書いた次第です。
それで、とりあえずインターネットで調べてみたら、日本獣医学会のページにこのことについて若干の説明がありましたが、まだ?は残ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.30

使いみちのない風景/村上春樹・稲越功一

稲越功一の海外でのスナップ写真に、村上春樹が旅についての文章をつけた作品です。
「使いみちのない風景」というタイトルに、何処かせつなさを感じて読んでしまいました。
実生活には何も役立たないけれど、何故か気にかかる、そしてせつなくさせる風景に出会うことが、時たまあります。この不思議な気持ちは、僕の心の奥の原風景に何処かでつながっているからと、村上の文章を読んでふと気づきました。

本使いみちのない風景
村上春樹・文 稲越功一・写真/中公文庫/1998

・ 書籍の紹介一覧 B0002

・ MediaMarker

使いみちのない風景
村上 春樹, 稲越 功一
中央公論社 ( 1998-08 )
ISBN: 9784122032101
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.29

ニコン D70

D70の発売は、ニコンのホームページで以前から告知されていたけれど、いよいよ発売されることをNikon Imaging からのメールで知りました。
D70は確かに魅力的なデジタルカメラですが、同じ金額を支出するなら、フィルムカメラのF80を買って、余った分を交換レンズにまわすかもと、ページを閲覧しながら思いました。
まあ、取らぬ狸の何とやらで、買うだけの資金がないけれど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.01.28

鳥インフルエンザ H5N1の変異型

1月24日付けのMSNニュースで、アジア各国で発生している鳥インフルエンザのうち、昨年2月の香港のH5N1と今回のベトナムのH5N1とは遺伝子構造が異なると報じています。また、山口県のH5N1も香港のタイプとは異なるとのことです。
これから各国で発生している鳥インフルエンザウイルスのタイプが判明して、変異の状況もわかると思います。
その結果、H5N1の変異型が多数出てくると、人から人へ感染するタイプが出現する確率も高くなり心配です。
国際的に鳥インフルエンザを抑え込むとともに、人の新型インフルエンザが発生することを前提にした準備が必要だと思います。

※太文字・斜体部は、ログ作成時は当該ページにリンクしていましたが、現在はリンク切れのため参照できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.27

異常プリオンて?

BSE問題で以前から不思議と言うか、疑問に思っていたことです。
BSEの原因物質とされる異常プリオンと呼ばれるタンパク質は、どのようにして脳内に蓄積していくのだろうか?
異常プリオンがあることによって、正常なプリオンが変異するのかとか、タンパク質が他のタンパク質の構造を変えることができるのかとか、いろいろとよくわからないところが多くあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.26

HTMLタグ、再び

WWWのページを作り始めた頃は、テキストエディタで簡単なHTMLタグを試行錯誤しながら書いていました。
そのうち、ホームページ作成ソフトが幾つか発売されるようになり、その中からIBMのホームページ・ビルダーver.1.2を選び、使うようになりました。最初の頃は、それでもまだソースを確認しながらページを作っていました。
それから作成ソフトもバージョンアップを重ね、様々な機能が付加され、僕の作るページが凝ったものでないこともあって、ソースを確認し修正する機会がほとんどなくなりました。
今回、ココログでblogを始めましたが、ココログに用意されていないこと(別に凝ったことではないのですが)をしようとすると、HTMLの書式が必要になります。
それで、すっかり忘れてしまったタグを思い出したりしています。
blogがこれからどんどん一般化してくると、そのうち作成ソフトも出てくるのかも知れませんが。(もう出ているのかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.25

デンドロビューム:花芽

夜間に屋内に入れて寒さをしのぐだけのデンドロビュームの花芽は、1月下旬の段階でまだまだ小さい状態です。
これでは開花するのは3〜4月頃でしょうか。

デンドロビュームの花芽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.24

ヘテロとホモ

三太郎の園芸備忘録にポインセチアの花について、下記の記載がありました。
「オシベの後からメシベが出てくるのには何か訳がある???」
僕も三太郎さんのポインセチアの花の疑問について、若干のコメントを園芸備忘録につけたことがあるので、今回の?についても考えてみます。
ポインセチアは育てたことがないのでよくわかりませんが、たとえばトウモロコシでも似たようなことがあります。トウモロコシはアンテナなような雄穂が出て花粉を飛ばした後に、絹糸のような雌穂が出てきます。つまり、トウモロコシは自分自信の花粉では受粉せず、他の株の花粉で受粉し結実します。このような受粉を他家受粉と言い、他家受粉する植物は他殖性植物と呼ばれます。他の個体の花粉で受粉するから遺伝的には雑種性(ヘテロ)になりやすくなります。
一方、イネやコムギは、同一の花の雄しべと雌しべの間で自家受粉します。このような植物を自殖性植物と言い、遺伝的には純系(ホモ)になりやすくなります。
これは想像ですが、ポインセチアももしかしたらトウモロコシのような他殖性の植物かもしれません。
それにしても、植物によって純系の道を選ぶか雑種性の道を選ぶかの選択があったわけで、どのような理由でその選択がされたのか不思議です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.01.23

氷の下のメダカ

温暖な静岡でも昨日、今日ととても寒いです。
メダカを飼っている古い火鉢の水面にも、朝には結構厚い氷が張っています。
水底では、元気そうなメダカもいれば、寒さに耐えられなくて死んでしまうメダカもいます。
厳しい季節は、メダカにとって世代交代の季節でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.21

静岡県道路状況ライブカメラ

国土交通省静岡国道事務所のサイトでは、ライブカメラで管理する国道の状況を配信しています。
まだ、調整中であったり準備中であったりして完成したものではないけれど、県内のあちこちの国道の状況が静止画ですがリアルタイムで見られます。
ぼんやりと眺めているだけでも面白いから、国や自治体が管理する道路の要所にライブカメラを設置して、ネットワークで結んだら、結構実生活にも役に立つのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.20

チャーチルのインコ

MSNニュースにチャーチルが飼っていたコンゴウインコが、今も生きていてチャーチルの口真似をする旨の記事が掲載されていました。
104歳になるというインコの記事は、最初は信じられなくてジョークかな、でもエイプリル・フールには早いし、とか思っていました。
何処か気になる記事だったので、とりあえず富士サファリパークPet@Niftyでコンゴウインコの寿命を調べてみると、前者は約40年、後者は「ハルクインコンゴウインコ」として「100年は生きます」とあります。多分、コンゴウインコの中にも種類があって、また個体差もあるので、単純に寿命は何年と言えないのかもしれないけれど、104歳のコンゴウインコがいても不思議のない話なんですね。
Pet@Niftyでの飼育難易度は'普通'となっているけれど、こうなると飼うのは考えてしまいます。飼い主が亡くなったあと、何十年も飼い主の口真似をし続けるなんてね。
チャーチルの口真似をするインコの話は、なんとも奥行きがあって愉快だけど。

※太文字・斜体部は、ログ作成時は当該ページにリンクしていましたが、現在はリンク切れのため参照できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.19

ヤマネ

風邪がひどく、仕事から帰ってきて、こたつでボーとNHKの「ふしぎ大自然」で八ヶ岳のヤマネの特集を見ていました。
ヤマネは、厳しい冬をやり過ごすため、体温を摂氏1度程度まで低下させ、エネルギー消費量を通常の1%まで落とし、冬眠するそうです。そして1年の半分以上は寝て過ごすといいます。
そういえば、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」のヤマネも寝ていたような・・・。
でも、ヤマネは日本固有の種だそうだから、アリスを和訳する際にヤマネとして訳したのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.18

チューリップ:発芽

球根植物に発芽という表現は適切ではないかもしれませんが、昨年の11月12日に植付けをしたチューリップが、ほぼ2ヶ月で芽が地上に出てきました。
昨日は静岡でも雪が降る寒い一日で冬も本番ですが、その中、少しづつチューリップも生長していました。

チューリップの発芽

詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.17

間引きの方法

blog たねまきの愉しみで、発芽した苗の間引きのことが記載されていました。
僕は苗の間引きは、ふたつの方法をとっています。
ひとつは、間引く苗の地際部をハサミで切ってしまう方法です。この場合は、間引くことによって残す苗まで、根が培土から離れてしまう不具合は回避できます。ただ、消毒したハサミを使わないと、ウイルス病や細菌病を持ちこむ恐れはあります。
もうひとつは、残す苗をペーパーポットなどに仮植していまう方法です。ただ、この場合、播種→仮植→鉢上→定植と、作業が1工程多くなって煩雑ですが。
僕の場合、苗がたくさんとれそうな場合は前者を、苗の生育が悪く少ない場合は後者の方法をとっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災の日に思うこと

住宅のリフォームをテーマにしたテレビ番組をよく目にします。ハンマーで壁を壊したり、大きなバールで天井をはがしたりする、大掛かりなリフォームを扱う番組もあります。
番組の対象となる家は、旧建築基準で建った古いものだろうし、壁を取り払ったり窓を広げたりして、家の構造にもある程度手を加えるリフォームでは、筋交いや柱を追加したり基礎を補強したりと、何らかの構造上の対策をしていると思います。補強の仕方は、ケース・バイ・ケースで様々でしょうが、それだからこそ施工者の知恵の絞りどころを、リフォームによる居住環境の改善と併せて放送してくれたらなと思います。
もっとも、そういった構造にかかわる部分は地味で最後は隠れてしまい、映像として面白くないから、番組では使いづらいのでしょうか?
静岡では東海地震の発生が危惧されています。マグニチュード8、場所によっては震度6強〜7クラスの巨大地震が想定されています。
その対策のひとつとして、既存木造住宅の耐震性強化があげられています。ですから、住宅リフォーム番組でも、せっかく耐震補強している事例があるなら、積極的に補強部分も放送して欲しいと思います。
阪神淡路の震災の日にそんなことを思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.16

カデゴリの変更方法

過去に複数のカテゴリを選択し投稿した記事のカテゴリの変更方法がわからないでいました。
カテゴリをひとつ選択した記事の場合は、変更の際、カテゴリ選択欄のメニューに個別のカテゴリが表示されるのに対し、複数のカテゴリを選択した記事では、メニューからは個別のカテゴリは表示されず、「複数のカテゴリを指定」や「新規カテゴリを追加」などしか表示されません。
それで、数日、変更方法に疑問を感じながらいたのですが、先程、「複数のカテゴリを指定」を選択してみたら、個別のカテゴリが表示され、変更が可能となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.15

初氷

寒さの厳しい地方の人には、何を呑気なことと笑われてしまいそうですが、メダカを飼っている火鉢に、今朝、この冬始めて氷が張りました。メダカは水底で、暖かくなるのをじっと待っています。
コンテナ・ガーデニングと銘打っておきながら、ガーデニング関係の記事が少ないのは、寒さで植物の変化が少ないからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.14

Netscape 7.1

このページのデザイン「クリスマス 緑」は、Internet Explorer 6.0よりもNetscape 7.1で閲覧する方が、かっこよく見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.12

インフルエンザ 新型ウイルスの脅威/菅谷憲夫

山口県の養鶏場でH5型インフルエンザが発生したと、ラジオのニュースで聞きました。
それで、数年前読んだ標記の本を思い出しました。
この本を読んで、インフルエンザに対する認識を新たにするとともに、21世紀に人間が対峙しなければならない病気のひとつだと思いました。
トリインフルエンザのH5型が変異して、新型のヒトインフルエンザにならないように願うばかりですが、このニュースの今後の推移を注目したいと思います。

本インフルエンザ 新型ウイルスの脅威
菅谷憲夫/丸善ライブラリー/1999

・ 書籍の紹介一覧 B0001

・ MediaMarker


※ 「おすすめ度」は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

・ この記事は「風邪に負けるな!」(ニャンケロ日記)にトラックバックしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC-9821 Nx7

昨日、PC-9821 Na12をウェブログの閲覧や投稿に使っていると書いたらさんから、Na13を使っていた旨のトラックバックをいただきました。
今、使っているNa12はノートブックだし軽い作業に特化した使い方をすれば、現役で使えるのですが、手元にあるPC-9821 Nx7や、さらに古いPC-9801NS-20、PC-486 NOTE ASともなると、どうしようもない。それにSCSI接続の120MBの外付けハードディスクとか。
当時は結構苦労して買ったものだから捨てるのも惜しいし、捨てるとなれば家電リサイクル法でお金がかかるしで・・・。今でもMS-DOSやWin3.1のOSなら、ちゃんと動くのですが。
20年前に買ったカメラは、今でも何の不満もなく現役で活躍しているというのに。

【リンク切れ】
※太文字・斜体部は、ログ作成時は当該ページにリンクしていましたが、現在はリンク切れのため参照できません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.11

PC-9821 Na12

僕がウェブログを閲覧したり投稿したりするのに使っている主なPCは、NEC PC-9821 Na12です。
ペンティアム120MHz、メモリー80MB、HDD1GBという、今では信じられないくらいの貧弱な性能です。流石に最近のブロードバンド仕様の凝ったウェブページを見るのは、PCの処理能力がネックになってつらいけれど、ウェブログの閲覧程度ならまだまだ使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.10

カテゴリーは?

携帯電話から投稿すると、カテゴリーはどうなるのかテスト送信してみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サイドバー上のカウンター

サイドバーにカウンターを移したら、カウンターの縁に紫色の枠が付くようになってしまいました。すべてのスタイルを確認していませんが、どうやらスタイル「クリスマス」に限った現象のようです。
他のスタイルにすれば枠が付く不満は解消されるのですが、クリスマスのスタイルは文字が読みやすくて気に入っています。もしかして紫の枠は、リンクを表すものだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.08

ワイルドストロベリー:つぼみ

何年か前にワイルドストロベリーを1株もらい、毎年ランナーからでた子株をとり、細々と世代交代を続けています。
そのワイルドストロベリーは、この冬が暖かいためなのか、つぼみがのぞいてきました。
ただ、これから寒さも厳しくなるから、このつぼみはダメになってしまうだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.07

春の七草を探せ

何を持って春の七草とするのかは諸説があるようですが、とりあえず一般的な七草の名前は諳んずることができます。でも、仮に近所に生えていたとしても、7種類を探してくることは図鑑でもなければ、僕には不可能です。
セリはわかる、ナズナもペンペグサだから田んぼのあぜに生えている、スズナはカブ、スズシロはダイコン、この4種は大丈夫。ゴギョウはハハコグサだから・・・、ハコベラは?この辺になると怪しい。ホトケノザは調べてみると、ホトケノザとは違ってコオニダビラコのことらしい。
セリ以外は、短日・低温の冬を越して、長日・高温の春になったら花が咲くと思うから、少し暖かくなったら図鑑を片手に探してみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.06

マニュアルカメラていいね

やっぱマニュアルカメラでしょ!は、マニュアルカメラを紹介したBlogですが、僕が20年程前に買ったNikon FEも現役で頑張っています。ニコマートFTNは、親類に譲ってしまったけれど、やはり現役で働いているそうです。両機ともNikon Fシリーズの廉価版ですが、ニッコールレンズは使えるし、基本的な構造はしっかりしているから、お金の無い写真好きの学生にとっては有難い存在でした。(それでも、随分アルバイトをして買ったけれど)
フィルムを巻き上げて、構図を決めて、絞り、そしてピントを合わせ、シャッタを押す。マニュアルカメラて、使えば使うほど体に馴染む道具になって、いいですね。

【リンク切れ】
※太文字・斜体部は、ログ作成時は当該ページにリンクしていましたが、現在はリンク切れのため参照できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.05

不屈のメダカ

古い火鉢でメダカを飼っています。メダカは適当な水草を用意してやれば、産卵し簡単に増えます。
2年前、産卵時期が遅く、秋口になっても1cmにも満たない子メダカがいました。もう少し大きな他の子メダカと一緒に親メダカのいる火鉢に移したところ、頭から半分くらいを親メダカに飲み込まれてしまったのです。仕方がないので、親メダカの口から引きずりだして、小さな水槽に隔離して育てることにしました。
寒い冬の朝、わずかな水位の水槽の水が完全に凍り、子メダカも氷づけになってしまいました。またまた仕方がないので、そのままにしておきました。昼になり氷が溶けたら、子メダカは元気に泳いでいました。
そのメダカも今では大きくなって、他のメダカと見分けがつかなくなり、2年目の冬を迎えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.04

火星探査機着陸成功

5thstar_管理人_日記で火星探査機スピリットの着陸をNASA TVが中継する旨の記載があったので、早速、僕もアクセスして中継を見ました。
管制室?からのライブ中継でしたが、着陸時の歓声があがった後はつながらなくなってしまいました。
ところで、地球から火星に電波が行って帰ってくるまで、どのくらいの時間がかかるのだろう。リアルタイムで操作できないから、大変だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週間ロマン鉄道

けしてメージャーな趣味ではないが、何時の時代、どの世代にも、ある一定の割合でいるのが鉄道ファンだと思います。
鉄道ファンといっても、乗るのが好き、写真を撮るのが好きとか鉄道模型が好きとかいろいろあって、ひとくくりには出来ないのでしょうね。
ところで、impress TVで週間ロマン鉄道という番組を放送しています。
各地の鉄道を毎週紹介するという番組で、思い入れのあるコメントが気恥ずかしい時があるけれど、結構見てしまいます。僕自身は、鉄道ファンではないけれど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.03

お正月といえば

僕にとって年末そしてお正月は、天皇杯と高校選手権のサッカーかな。
応援する清水エスパルスは準決勝で敗退、静岡県代表の藤枝東は1回戦敗退で年を越せませんでした。
そんなわけで、今年は肩に力が入らずTV観戦が出来る静かな正月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.02

バラ:新芽

この春、展開するバラの新芽が幹に見え始めました。まだまだ小さいですが、ちゃくちゃくと春へ向けた準備を整えています。
写真は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.01

元日にゆうパック

yodobashi.comでデジタルカメラのバッテリーを注文したら、昨夜(大晦日)にメールで、ゆうバックで発送した旨の連絡がきました。
どうせ手元に届くのは、三が日が過ぎた後と思っていたら、元日の今日届きました。
結構、やるじゃん、郵政公社と思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局初日の出は

初日の出は、由比町が設置したさった峠のライブカメラで見ました。
水平線上に雲があって、実際の時間より初日の出が確認できる時間は遅れたけれど、駿河湾上に昇る太陽が綺麗に見えました。
新年早々横着な話ではありますが・・・

-----
追記 2008.12.23
・ 由比町は2008年11月1日に静岡市と合併し静岡市になりました。それにともない「由比町ライブカメラ」は、「静岡市富士山ライブカメラ」となりました。

追記 2011.12.31
・ 「静岡市富士山ライブカメラ」はリアルタイム画像ではなく、静止画になってしまいました。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三が日は暖かそうですね

あけましておめでとうございます。
年を越しましたが、静岡は暖かな新年です。
三が日も週間予報ではそれほど冷え込みがないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »