2019.12.09

地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開に行きました その1 - 船としての「ちきゅう」

11月30日(土)12月1日(日)に清水港・日の出ふ頭で、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の 地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開があったので、日曜日に行ってきました。
「ちきゅう」は清水港を母港としているのでよく見かけますが、内部に入ったのは初めてです。
一般公開は数年に1回程度行われいます。ただ、人気があるようで事前申込制で今回は12月1日12:00~13:00の回に当選しました。

「ちきゅう」は、全長 210m、幅 38.0m、船底からの高さは130mです。「ちきゅう」の外観上の特徴になっている中央のやぐらの高さは、水面から120mあります。

海底を掘削しパイプを通し、10,000mまで地球の内部を調べることができます。

19120901
・ 日の出ふ頭に停泊中の「ちきゅう」(船首から) 船首の大きな屋根状床はヘリコプター用デッキ

19120902
・ 船首からは清水湾越しに富士山が望める

19120903
・ 日の出ふ頭に停泊中の「ちきゅう」(船尾から)

やぐらから海中・海底にパイプをつなぎながら下ろします。

19120904
・ 船底から130mのやぐら(デリック)<br/p>

艦橋には乗船口から階段を5階分登ります。

19120905
・ 艦橋から清水の街を望む

掘削のため海上の一点に止まっていなかればならないため、船はコンピュータで制御されています。

19120906
・ 船のコントロールはコンピュータ制御

次回は「ちきゅう」内部の研究室や探査結果などの展示について書きます。

参照:地球深部探査船 ちきゅう/海洋研究開発機構

| | コメント (0)

2019.12.08

新幹線の青と白のカラーリングは、ハイライトのデザインからヒントを得たんだ

「チコちゃんに叱られる!」の再放送で知りました。

東海道・山陽新幹線の白と青のカラーリングはたばこの「ハイライト」のパッケージデザインからヒントを得たんですね。

191208

和田 誠さん、すごい!

関聯エントリー:和田 誠さんが亡くなられた 2019.10.11

| | コメント (0)

2019.12.07

絵エスパルス、最終節で残留決定 2019

清水エスパルスは、今日の最終節 サガン鳥栖戦に1-0で勝って残留が決定しました。

191207

今日負けると16位、入替戦になる可能性があったので、勝利ができてホッとしました。

下の画像は、2016年シーズンにJ2からJ1に昇格するときに発行された冊子です。いったんJ2に落ちると昇格が大変になるものね。

191207_20191207234401
・ ORANGE TRACK 2016/清水エスパルス

| | コメント (0)

2019.12.06

静岡のサクラ(ソメイヨシノ)の開花日も早くなっている

気象庁の「気候変動監視レポート 2018」には、日本におけるサクラの開花日の変動が載っていて、サクラの開花日は早くなっているそうです。

レポートによると、58観測地点(静岡を含む)のサクラの1953年~2018年の開花日は10 年あたり1.0日の変化率で早くなっています。サクラの開花日が早まる傾向は、開花する前の平均気温との相関が高いことから、これら経年変化の特徴の要因の一つとして長期的な気温上昇の影響が考えられるとしています。

レポートには全国のグラフしか載っていないので、このグラフを静岡に当てはめてみると下のグラフとなり、10年あたり1.1日の変化率で早くなっています。
191206

また、主要都市の1961年~1990年の平均値と平年値(1981~2010年)とを比較し、平年値から1990年までの平均値を引いた日数の差も掲載されています。

191206_20191209223601
・ 気候変動監視レポート 2018 P.41から引用 ※ 画像をクリックすると別画面で拡大表示します。

同じように静岡について計算すると、1961年~1990年の平均値は3月28日、平年値(1981~2010年)は3月25日で、平年値から1990年までの平均値を引いた日数の差は3日とまります。

年ごとでは開花日に変動はあるけれど、トレンドでは開花時期は早まっているんですね。
レポートでは、カエデの紅(黄)時期の変動も掲載されていて、紅葉遅くなっているそうです。

参考:気候変動監視レポート 2018 2019年7月/気象庁 PDF 14MB

| | コメント (0)

2019.12.05

上原ひろみ JAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました

先日(11月30日)、静岡市清水市民文化会館(マリナート)で開催された、上原ひろみのJAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました。

これまでにトリオ・ザ・プロジェクトでマリナート、矢野顕子やエドマール・カスタネーダとのデュオで静岡市民文化会館で開催された時はいずれも中ホールでしたが、今回は大ホールで満員でした。

今回のツアーは、新作のソロアルバム「Spectrum」の発売を記念したピアノソロコンサートで、選曲も「Spectrum」からされています。

コンサートは、期待どおり上原のパワフルでドライブし、そしてチャーミングなピアノが聴けました。

中でも、ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」は圧巻です。
僕はこれまでに、暴雨風雨のような暴力的な「ラプソディ・イン・ブルー」を聴いたことがありませんでした。それできてけっして破綻しない。心を揺さぶられる演奏でした。

191130
・ CD:SPECTRUM/上原ひろみ

関連エントリー:Spectrum/上原ひろみ 2019.09.30

| | コメント (0)

2019.12.04

今日の静岡はこの冬一番の寒さ。夜には上弦の月

今日の静岡の最低気温は3.9℃。今年一番の寒さだそうです。ようやく冬らしくなってきました。

夜空は澄んで上弦の月が綺麗です。

191204
・ 上弦の月(月齢 7.9) 2019.12.04 20:33 静岡市葵区平野部 南西の空

| | コメント (0)

2019.12.03

週刊少年ジャンプはもう2020年1月1日号

昨日、仕事帰りに今週号の週刊少年ジャンプを買うと、すでに2020年1月1日号です。

早いものですね。

191203

| | コメント (0)

2019.12.02

日めくりカレンダーがだいぶ薄くなりました

早いものでもう12月。

今年の日めくりカレンダーも残りわずか。だいぶ薄くなりました。

191102

| | コメント (0)

2019.12.01

清水港・日の出ふ頭に水上バスで行きました

11月30日(土)12月1日(日)に清水港・日の出ふ頭で、地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開があり、今日行ってきました。

いつも日の出ふ頭にクルマで行きますが、「ちきゅう」の一般公開は12:00からの時間指定で、休日の昼間、特にイベントが開催されている時は駐車場が非常に混むので、公共交通機関を使って行くことにしました。

日の出ふ頭には、JR清水駅や静鉄・新清水駅からバスか徒歩で行くのが一般的です。どうしたものかと思っていると、エスパルスドリームフェリーの水上バスがあることを思い出しました。

191201

水上バスは、三保羽衣ラインと主に通勤・通学に使われ日曜日は運休する塚間航路の2航路利まりますが、日曜日なので三保羽衣ラインを使いました。

三保羽衣ラインは、JR清水駅東口(みなと口)河岸の市前の「江尻」→エスパルスドリームプラザ前の「日の出」→「三保」→「江尻」の一方方向で循環します。

19120101
・ 江尻に停泊中の水上バス(エスパルスドリームフェリー)

所要時間は、9時から16時の間1時間に1~2便、江尻-日の出間が約10分、日の出-三保、三保-江尻間がそれぞれ約15分で、運賃は400円で統一されています。

19120102
・ 水上バスから見た日の出ふ頭に停泊中の地球深部探査船「ちきゅう」

今日は天気がよく波もなく快適でした。
海上からは三保の松原、遠くには富士山が望めます。また、船では海鳥用の餌を販売しているので、覚えているのかユリカモメがすぐに寄ってきます。

19120103
・ 海上から望む三保の松原(右)と富士山

日の出ふ頭に水上バスで行くのもいいね。

参照:エスパルスドリームフェリー

| | コメント (0)

2019.11.30

2019年12月26日は部分日食

12月26日の午後に部分日食が日本全国で観察できます。また、東日本や北日本では、日入帯食という太陽が欠けたまま日の入りとなります。
今年は1月6日にも部分日食がありましたが、静岡は曇りがちで全部は観察できませんでした。

19113001

静岡では、14:26に食が始まり、15:24に食が最大になります。この時に太陽が4割ほど月に隠されます。食の終わりは16:35で日の入りは16:41なので、山の端に隠れて日食の全行程は確認できないかもしれません。

191130_20191204230701

晴れるといいですね。

関連エントリー:部分日食 2019.01.06 静岡 2019.01.06

| | コメント (0)

«「ターミネーター ニュー・フェイト」を見てきました。それもシニア割引で ^^;